シニアの能力を活かす! 日本産業ジェロントロジー協会 商標登録業 5763132 号

資格制度

  • HOME »
  • 資格制度

産業ジェロントロジー協会認定資格

産業ジェロントロジー協会は、2018年度より、認定資格を3つに改め、リスタートをきりました。

産業ジェロントロジーアドバイザー(eラーニング)

「歳をとるとはどのような事か?」を正しく理解し、あらゆる世代の方たちが働きやすい職場づくりを支援する人です。日常業務におけるアドバイスができるレベルを目指します。
操作の手軽なeラーニングなので、初めての方でも、気軽に始められます。

<レベル> 入門~初級

<対象>
・初めて産業ジェロントロジーを学ぶ方。
・働くシニア世代の役に立ちたいとお考えの方。
・すべての世代が、働きやすい職場づくりをしたい方。

<学習方法>
eラーニング 有効期間 3ヶ月 テキスト上・下巻


<学習内容>
■上巻
はじめに
1高齢者とは何歳からか
2高齢者安定法の改定とその引き上げ
3「雇用延長」と「再雇用」はどう違うのか?
4雇用延長で賃金はどれくらい下がるのか?
5シルバー人材における働きかた
6介護との両立支援
7シニア世代特融のストレスとライフイベント
8「ジェロントロジー」とは何か
9ジェロントロジーの日米における展開
10「ジェロントロジー」と「産業ジェロントロジー」
11「エイジズム」という年齢差別の解決
12高齢期になっても伸びる「結晶性能力」
13年金制度の概要
14介護保険制度の概要
15「物忘れ」と「認知症」の違いと混同防止
16ミドルとは異なる健康管理「フレイル」と食生活
17産業ジェロントロジーにおける「生涯発達」という視点

終了後に試験があります

■下巻
はじめに
1職場でシニアが持つ「専門能力」を生かすポイント
2タブレットが反応しにくいのは「表皮」の乾燥
3眼の老化に配慮した資料作成の作り方
4モチベーションが下がる理由は「肉体疲労」
5業務に支障の出る「聞こえ」の問題とその解決策
6シニア世代の心身を健康に保つ食生活
7接客用語が不得手な理由とその改善策
8介護休暇のサポートの仕方
9労災を招く身体機能の老化
10高齢期になると話が長くなる理由

終了後に試験があります

<受講金額>
34,100円(税込) *受講料・教材費・受験料込

<受講申込み方法>
「お申し込みフォーム」から申し込み

協会より、サイトのURL等のお知らせを送信
 ※お振込後、約1週間。
 注)受信側の設定により、迷惑ホルダーに振り分けられる、
   または受信拒否となることがあります。
   協会から連絡がない場合には、以下の協会責任者に
   ダイレクトメールにて、
   お振込み日・氏名・電話番号をお知らせください。
   ご連絡をさせていただきます。
   代表理事 崎山みゆき sakiyama@jiga.jp
   ↑アドレスの「@」を半角にして送信して下さい

各自でパスワードを登録後、学習スタート

受講後試験による合否判定

メールにて、合否のお知らせ
資格認定申請お手続きのご案内 (合格者のみ)

1週間以内に、資格申請・協会入会手続き

資格認定

<試験>
・WEB受験(eラーニング同サイトにて)80点以上合格
・再試験有、受講料金に含む

<特典>
・シニアアドバイザーの受講資格が取得できます。
・イベント、勉強会等の割引があります。
資格取得者限定の交流会、勉強会等に参加することができます。

<申し込みURL>
お申し込みフォームはこちら

 

アドバイザー資格を取得するためには、別途費用がかかります>
年会費       6,000円
資格認定料(年間)  3,300円   計 9,300円
※毎年3月に年度更新のご案内をメールで送付します。
4月末までに年会費及び資格認定料のお支払いをお願いします。
※但し、1月~3月にお手続きの方は、当該年度は免除します。

産業ジェロントロジーシニアアドバイザー(通学 年2回 5月・10月)

シニア世代が働きやすい職場づくりのための企業内教育、仕組みづくりを担う人です。研修の企画立案、労務管理の仕組みづくりができるレベルを目指します。
通学で体験学習、人脈作りを重視。人事・総務、経営企画、キャリア開発支援者向けです。

<レベル> 中級

<対象>
・産業ジェロントロジーアドバイザー資格取得かつ登録された方

<学習方法>
通学 2日間 (年2回開催 5月、10月)

<シニアアドバイザーカリキュラム>
■ 1日目
1.産業ジェロントロジー協会の起こりと、その役割
2.「産業ジェロントロジー」の基礎知識 (初級の理解度確認)
3.「シニア就労の必要性」の説明・小講義トレーニング
4.加齢変化を配慮した話し方 (実習)
5.加齢変化を配慮した聴き方 (実習)
6.シニア世代のワークライフバランス
■ 2日目
1.日本におけるエイジズムとその対策(グループワーク)
2.シニア世代が働きやすい職場づくり(グループワーク)
3.認定試験 (筆記)
4.修了後の活動の場づくりについて

<受講金額>
82,500円(税込) *受講料・書籍他教材・受験料込

<テキスト>
協会オリジナル教材

<受講申込み方法>
「お申し込みフォーム」から申し込み

協会指定口座に、受講金額お振込み

協会より、受講のご案内詳細メール

<試験>
・2日目に筆記試験、受験料は受講金額に含む(再試は別途)

  • 産業ジェロントロジーシニアアドバイザー資格取得のためには、試験合格後、資格認定費と会費を納入頂く必要があります。
    <特典>
    ・インストラクターの受講資格が取得できます。
    ・シニアアドバイザー限定の勉強会に参加できます。
    ・協会主催講座のスタッフ、講師をお願いすることがあります。

<申し込みURL>
お申し込みフォームはこちら

<シニアアドバイザー資格取得後の年会費・資格認定料(年度更新)>
年会費       6,000円
資格認定料(年間)  6,600円   計 12,600円
※毎年3月に年度更新のご案内をメールでお送りします
4月末までにお支払いをお願いします

産業ジェロントロジーインストラクター (講師養成) (通学 年1回 11月)

当協会の「産業ジェロントロジーシニアアドバイザー」養成講座の講師育成です。
協会のサポートにて入門講座の開催から始まり、最終的にはインストラクター養成講座を開催していただくことを目指します。各地で支部を開設したい方にも最適です。

<レベル> 上級

<対象>
・産業ジェロントロジーシニアアドバイザー資格取得かつ登録者

<学習方法>
通学 2日間 (年1回開催 11月)

<インストラクターカリキュラム>
■ 1日目
1.産業ジェロントロジー協会講師としての考え方・心構え
2.産業ジェロントロジー的講師術 (対シニア世代)
・話し方
・質問の出し方
・レジュメの作り方
・休憩時間の設定の仕方
3.実技指導
・1人ずつの3分講和
■ 2日目
1.ジェロントロジー、産業ジェロントロジーのミニ講義
2.講義案の作成
3.自作講義案の実施と、それに対するアドバイス
4.認定試験
※資格取得後も、「教え方」や、産業ジェロントロジーに関する能力向上研修などがあります。

<受講金額>
176,000円(税込) *受講料・教材・受験料込

<受講申込み方法>
「お申し込みフォーム」から申し込み

協会指定口座に、受講金額お振込み

協会より、受講のご案内詳細メール

<試験>
・2日目に実技・筆記試験、受験料は受講金額に含む(再試はありません)
・資格認定費 13,200円(税込) *年度更新

  • 産業ジェロントロジーインストラクター資格取得のためには、試験合格後、資格認定費を納入頂く必要があります。

<特典>
・協会のサポートにて、講座を開催することができます。
・インストラクター限定の勉強会に参加できます。
・協会主催講座のスタッフ、講師をお願いすることがあります。
・協会のサポートを受けて、支部を開設することができます。

<申し込みURL>
お申し込みフォームはこちら

<インストラクター資格取得後の年会費・資格認定料(年度更新)>
年会費       6,000円
資格認定料(年間) 13,200円   計 19,200円
※毎年3月に年度更新のご案内をメールでお送りします
4月末までにお支払いをお願いします

パンフレット

 

画像の説明

TEL 03 - 5977 - 8573 お問い合わせ

企業における高齢者雇用を生かしたSDGsへの取り組み方
産業ジェロントロジー アドバイザーeラーニング
産業ジェロントロジー アドバイザー認定資格
産業ジェロントロジー インストラクター通学
JIGAパンフレットはこちら
JIGAパンフレットはこちら
自分楽
PAGETOP
Copyright © 2018 日本産業ジェロントロジー協会 All Rights Reserved.