開催:日本産業ジェロントロジー協会 設立1周年記念シンポジウム

シンポジウムパンフレット>

テーマ

楽しく豊かに 生涯現役時代を実現する働き方モデルと「産業ジェロントロジー」

ご挨拶 代表理事 崎山みゆき より

高齢社会を「働くこと」で明るく・楽しくするためのシンポジウムです。

心身ともに健康で、経済的な自立をしたシニア世代は、若年・中年層の憧れです。 では、どうすればよいのでしょうか ?

各世代がすべきことは何でしょうか ? 今まで知られていなかった「産業ジェロントロジー」という視点から、そのノウハウをご紹介いたします。

当協 会の地道な活動を支えてくださいました皆様も、ご登壇くださいます。交流会では、ゆったりした庭園とお食事 を囲んで、ネットワーク作りの場と致したく、多くの皆様のご参加を期待しております。

2016年7月21日(木)

  • 受付 13: 00〜
  • 開始 13:30〜
  • 閉会 17:00(閉会後は懇親会を予定しています)

国際文化会館 岩崎小彌太記念ホール

■プログラム

13:00~13:30  受付開始
  
13:30~14:00  開始・基調講演
 
「企業は産業ジェロントロジーでどう変わることができるのか」活用の可能性 
 一般社団法人日本産業ジェロントロジー協会代表理事 﨑山みゆき

14:00~14:30  事例発表(1) IBM販売会社UOSグループ 山中進様

「エンジニア40歳定年説」を克服するためにはどうすればよいか
 日本IBM販売会社グループの研究報告

14:30~15:00  事例発表(2) 日刊工業新聞社 前社長 千野俊猛様

企業の存続とシニア人材の活用について、事例を踏まえてご紹介
 
(15:00~15:15 休憩)

15:15~15:45  事例発表(3) 日本フランチャイズチェーン協会 会長山本善政様

シニアエンジニアの採用により、新規事業は継続的な増益。
その秘訣を経営者の視点から、ご紹介

15:45~16:45  パネルディスカッション

事例発表者と学識経験者(協会顧問長田久雄教授)

16:45~17:00  協会案内・閉会
(17:00~17:30 会場移動)

17:30~19:00  懇親会 講師の皆様も御参加です。
19:00 閉会

共催:株式会社 自分楽
後援:大阪ガス株式会社 特定非営利活動法人 生活・福祉環境づくり21 日刊工業新聞社 日本応用老年学会 一般社団法人日本ファミリービジネスアドバイザー協会

他では聞くことができない事例や、美味しいお料理、美しい庭園を ご用意しております。
是非、お越しください。

お申し込み

シンポジウム申込」より氏名や連絡先などを送信ください。

  • 受付期間 5月10日~7月10日まで
  • 参加費 一般/15,000 円(税込) 会員/13,000 円(税込)

シンポジウムパンフレット>